看取り 用語集

スピリチュアルペイン

終末期患者の持つ「死への恐れ」「死生観」「罪の意識」など、実存や魂に関わる苦痛のこと。「なぜ私が死ななければならないのか」「自分の人生の意味はなんだったのか」などの問いに苦しむことから、「魂の痛み」とも言われる。
緩和ケアにおける4つの苦痛(身体の痛み、心の痛み、社会的な痛み、魂の痛み)のうちのひとつ。

用語一覧へ戻る

関連するインタビュー

pagetop