ぽちゃと久々に出会ってしまい、エロい関係になりそうだった(-_-;)

ぽちゃ

出会い系キャリア20年の会社員です。

出会い系でポチャが来るっていうのは
昔は結構よくあって、地雷来た、とか言って、その現場を上から写メとって
友達に送って笑い合ったりしてたんですが、最近なかったんですけど、この前
久々に来ました。

アプリを使って物色してるんですが、最近は本当に写メの加工えぐいですね。

ロリ系で結構かわいい感じだなーと思ったので、会うことに
しました。

恵比寿のレストランで先に入ってるよ、て感じで待っていたら、
出ました、ボストロール。

げっ、ていうより、うわー久しぶりだなーここまでの地雷、ていう感じ。

メイクは濃いし、ロリ系だけど、巨大なんですよ。

おしゃれなワインバーとかにしちゃったから、周りオシャレな恵比寿ウーマンみたいな
東力〇から出てきたような細くておしゃれな男女が談笑しているのに私たちの
席だけずしん、て感じで、チラチラみんな見てるんですよ。

あらら、恥ずかしすぎる。

これは飲むしかないな、「私ワインとか結構飲めるよー」とかいうんで、それは
さぞかし量イケそうやなと思いながら、ボトルを頼む。

酔えば自意識も飛んで、
恥ずかしさも薄れるか、と。で飲みながら、いろいろ話聞いてみると、まあ出てくる、
男の話。

恋愛の話。彼は最近つれないとか、もう一人の彼はどうこうとか、一方的に
彼にされてかわいそうな、Aクン、Bクン。

そしてこまめすぎるラインチェック。

誰からもメッセきてないやろ、あ、そうそう、きわめつけはロリポチャな彼女、なぜかよく見たらうっすらヒゲはえてるんだよね。

あごとか口の周りとかなんか黒いんですよ。でも
ニューハーフみたいながたいのよさも感じないし。何回もしげしげ見つめてしまいました。

おえ、ワイン結構飲んでるのに、ぜんぜんきもさが消えない。

恋愛したいとか、抜かしてる。
わざわざちょっと遠い都外から今日は遠征してきたらしい。

まじやめとけばよかったのに、
ああ。で、まあひとしきり飲んでさて出ますか、という流れに。

でもここまで酔ったし、
飯もおごったし、何もないのは損だなと、小道に入ってキスしてみたんです。

そしたらいきなりあーん、と発情してベロベロ顔をなめてきた。やっぱりムラムラしてたか、、、まあこちらもこんなポチャじゃなかったらもっと早い展開もって言っていたが、酔って理性を飛ばすまで時間がかかったじゃないか…! というので道端でしばしキスしたあと、胸に手を入れてみたら、

シナシナのシワシワ。え? 20代て言ってたのにこれなに? しかも、多分Bカップくらいしかなさそうだし、でも胸板は厚いし。しかもお腹は妊婦さん? てレベル。

もしかしたら、一人生んだ?

まあいいんですけど。で、道端で始めたのが失敗、向こうが乗ってきてしまって、こちらの手を下にまさぐろうとするは、こちらの股間をまさぐるわで、このまま道端で始めようとするので、それはやばい。

と思って、ああ、もう一軒いこうよ、面白いバーがあるからさ、と私もなぜか解散にせずに次に
行くことに。

いくいく、と向こうも乗り気。ホテルでもいいよ、というのだが、いや、最後までは勘弁してくれ、という中途半端な感じで次のバーに流れ込んだのだが、まあカウンターに座ったんだけど、
延々と私の股間を触りまくり、隣からキスしようと私の頭を腕で羽交い絞め、ああ、犯されるて
こんな感じなんだ。

と女性に対しては紳士でいようと、改めて心に誓ったのでしたが。もうこのへんからは私も結構酒が回っていたのと、店員さんもノリがイイ店でどんどんいきましょう! て感じだったので、また
ボトルで酒を入れて、飲みまくり。最後の方正直記憶ないですけど、その店のトイレに引き釣り込まれて、またさっきの道端レベルくらいまではやってしまい、それでもなぜか貞操を守る自分。

て感じなのを3時くらいまで
続けたかなと。それから、逃げるように店を出て、彼女も出たと思うけど、途中で振り切ってタクシーに乗りました。

まあ、こちらも中途半端にかまったから、向こうもその気になったんですが、ボストロールをあまり連れまわすと
目撃情報あったらやばいし、注意しなきゃなと思ったところです。でも性欲満タンですよね。いままでポチャのコとは何回もあってますけど、決まって性欲すごいです。だいたい一回目にあったときからそういう関係になるし、
快楽すごいんですかね。でもカワイイポチャならいいですよね。

今回もルックスはロリで目はクリっとしているので、
写メ映えはよかったんですよ。だから出会いのプロフかわいかったんで、まあ会うところまでは結構行くんじゃないでしょうか。

私も下心ありまくりで、とちゅうまではやっちゃったんですけど、まあこれがもし20代のころだったら間違いなく道端で最後まで行ってたでしょうね。

今はコンプラとかいろいろあるし、私もそこは自制できるようになったので、二件行って泥酔して終了という中途半端な終わり方をしてしまいました。

50歳の頃にカラオケスナックで出会った声フェチ男性との出会い。

カラオケスナック

私は、当時、自他ともに認める超ポッチャリ系女子で声フェチの52歳、東京都内在住でした。

とあるカラオケスナックにて、50歳の頃に出会った、声がドストライクの男性がいました。
もちろん、声などかけられません。

歌声も、お店のスタッフと話している声もドストライクでした。
ただし、店内が暗くなっていて、ルックスは全く分かりません。
トイレに、その人が立った時、細くて背が高いということだけ分かりました。

選曲が、同じミュージシャンばかりで、私も高校の時から、そのミュージシャンのファンだったので、感動して、ただただ聞き入っていました。
それが、第一回目の出会いです。
その時は、何も語らず、歌を聞いて拍手のみでした。

そのようなことが、二回ばかり続き、私は、お店のマスターに、その人を紹介して欲しいと頼みました。
快諾され、紹介してもらいましたが、ただのお友達。
その人は、結婚相談所に入ってしまいました。

私は、見返してやると10キロダイエット。

結婚相談所で上手くいかなかったその人は、またカラオケスナックに来るようになりました。
旅行好きで歴史好きなその人に合わせて、私は、Amazonで本を2冊買い、もしよかったら、この本のスタンプラリーをしないかと、出会ったカラオケスナックで、ひとけが少ない時に誘いました。

あっけなく、OKをもらい、旅行に行くことに。けれども、まだ付き合っているわけでもなく、その人の個人情報は、マスター経由で聞いたのみです。

旅行の申し込みに行くまでの3ヵ月、お友達として、毎週のように週末、夕ごはんを食べてカラオケスナックという日が続きました。

いつも同じミュージシャンの違う曲を歌い合うカラオケ合戦みたいな…。

カラオケスナックのマスターから、携帯にその人が来ているので早くお店においでと何回かサポートしてもらったこともあります。

とにかく、シャイ過ぎて、アルコールが入らないと喋れない人でした。

でも、優しくて誠実でウソをつかない人でした。
後から知ったことですが、大手会社勤務の正社員で、年収も高かったです。

初めて出会ってから、お付き合いするまで、3年くらいかかりました。

あれから、40キロダイエットしましたが、彼氏は、体重が40キロ台になることを望んでいます。
まだまだです。。。。。

最初は、3才年上とか、超ポッチャリとかが、とにかくイヤだったみたいです。
出会った頃は、言われませんでしたが、いまは、優しいし、性格は、イイから中身を変える必要は全く無い!
見た目、外見、ルックスを変えて!!!
と言われます。
あと、出会って付き合うきっかけとなった旅行、その際、8〜9キロ歩くと次の日、私だけ動かなくなってしまうので、歩けるようになってと言われます。

ところが、私はウォーキングもジムも嫌いで、最近やっとジムに行き始めたところ、筋肉痛で七転八倒しています。

彼氏は、ジムが大好きで、ストレス発散になるタイプ。私は、その対極です。

私があまりにも歩けないので、今年の年末年始は、一緒に旅行しないと言われてしまいましたが、今、ジムを週3ルーティンにして、頑張っているので、何とか見返してやるんだわ、と思っています。

出会ってから、頑張って40キロダイエットに成功して、さらに継続していること。(食事療法)。

歩けるようにと、最近は、ジムまで通うようになったこと。

大きいことだと思います!

私の場合、出会いは、突然、飲み屋さんで訪れました。
もちろん、カラオケスナックのマスターの協力あってのことですが、本当に出会いは、突然でした。

住んでいる駅も同じ沿線で、3駅しか離れていないし、2人とも、1人っ子で、両親を亡くしています。
天涯孤独です。

親戚とも程遠くなっているもの同士です。

本来なら、勤め先も出身地も出身校も違う2人が出会えたのは、とあるカラオケスナックのおかげでした。
2人の接点が、そこしかなかったからです。

フットワーク良く動き回ると、出会いって案外あるのかもしれません。

ここだけの話ですが、彼氏が出来て(一応、彼氏にはことわりを入れ、1人飲みをすることを言ってから)、飲みに出かけると出会いと言うか、口説かれるというかが増えました。

飲みに出かけることがすべてではありませんが、お気に入りのカフェやランチの場所などを決めて、ルーティンとして、まわるのも良いかもしれません。

出会いは、どこに転がっているか分かりません。
近所のコンビニやゴミ出しに行く時も、ジャージにスッピンは、やめておいた方がいいと思います。

あと、女性らしくない振る舞い、座敷であぐらをかくとかもやめた方がいいと思います。本人は何気なくしているのかもしれませんが、よっこらしょ、とかいう掛け声もどうかと思います。
近眼のメガネをかけたまま、メニューが見れないのであれば、メガネを外して、テーブルに畳んでおいて、メニューを見る。鼻の上でずらして、覗きこむようにするのは、いかがなものかと思います。

所作は、出会いの第一印象で大事です。

ヘア・メイク・ファッション・バック・靴をどんなに決めても、所作が女子力0では、意味がないと思っています。

根暗なぽっちゃりでも結婚相談所に登録したら、あっという間に結婚できた!

ぽっちゃり

私は名古屋市に住む24歳158センチ65キロのぽっちゃり体系です。

小学生の時に体系のことをクラスの男子にバカにされたりしたからか、男性に苦手意識がついてしまっていました。そのため男性を避けるように女子中高、女子大学を卒業し、そのまま女性の多い介護の仕事に就職し毎日頑張って働いていました。

自分の体形に全く自信がなく、周りの痩せてて可愛い友達は合コンやSNSで知り合った男性と遊びに行ったり、彼氏を作ったりしているのを見てうらやましいなぁと感じていました。

でも私は太っていたから、「ぽっちゃりの自分なんて好きになってくれる男性なんて絶対いない。男性はテレビに出てくるような女優やアナウンサーのようなスラっとモデルさんみたいな痩せている子が好みなんだ」と思っていたからです。

そのため友達に合コンに誘われても可愛い子の引き立て役になって恥をかくのは嫌、その場のお笑い担当やいじられ役になるのは嫌だと思って、男性との出会いを避けてしまっていました。

この気持ち、ぽっちゃり女性には痛いほどわかってもらえると思います。太っていると悪気はなくてもいじられる、その場の盛り上げ役、ピエロのようなお笑い役をしなければならなくなる雰囲気があるのです。

きっと柳原加奈子ちゃんのような面白くて明るいぽっちゃりの子だったら、太っていても明るくて楽しくて、太っていることを気にしない、本人がチャームポイントだと感じられるような女性なら男性を魅了できるんだと思います。

実際に私の周りにも太っていても結婚できている子、モテている女の子は全員この明るいタイプなのです。なのでぽっちゃり女性が婚活するときは、常に明るく楽しいポジティブな雰囲気の女性になるように気をつければ男性からモテルと思います!

でも、長年の自分の性格はなかなか簡単に変えられないと思います。明るい女性になりたくてもなれない、私はまさにこの根暗なモテないタイプのぽっちゃりだったのです。

趣味は漫画等のオタク趣味、スポーツは苦手で休日はひきこもり、黒髪で化粧も下手でほとんどしたことがない、おしゃれな女の子、魅力的な女の子とは程遠い存在でした。

太っていて根暗な私なんて絶対結婚できない、そう思っておしゃれすることを諦めていたんだと思います。

そんな私に転機が訪れました。24歳の頃に母から「私はあなたの歳にはあんたを産んでいたわよ」と悲しげに言われたのです。

今まで傷つくのが怖くて、男性を避けてばかりいましたが、結婚したくない訳ではないのでこのままではいけない!と本気で思ったのです。私は男性経験がなかったので、お付き合いをすることに抵抗があり、どうせなら初めて付き合った男性と結婚したいと考えていました。そんな私が考えたのが「結婚相談所」に登録することです。

結婚相談所は真剣に結婚をしたいと考えている独身の男女が登録し、好みの条件が一致した人同士をお互いに紹介してくれるシステムです。プロフィール写真も登録するので、私がぽっちゃりなことも見た目も最初から相手に伝わり、それでもこんな私でもいいなと思ってくれる男性と出会えるので、SNSのようにメールで仲良くなったけど、ぽっちゃな自分の写真を見せて音信不通になるなんて酷いことをされないのがいいのです。

結婚相談所にはいろいろな会社がありますが、独身である身分証明がしっかりしていて、写真を悪用されないように自宅での相手の写真閲覧禁止、店舗でした見れないしっかりしたシステムのツヴァイに登録しました。結婚相談所は入会に10万、毎月1万円等と料金が婚活アプリよりもずっと高いですが、それだけしっかりした制度とちゃんとした人が登録していると思います。

身分証明が緩い低価格の婚活アプリや街コン等では独身のふりをして利用している既婚者がいたりする可能性もあるからです。結婚相談所の料金は安心料、それだけ素敵な人と結婚ができるための必要資金だと私は考えました。必要経費を節約して理想とは違う男性と結婚するか、結婚するために必要な資金をちゃんと払って素敵な理想の男性と結婚するかでは私は後者がいいと考えたのです。

ツヴァイは結婚できるように専属のアドバイザーの方がついてくれて、面接での相談で悩みも聞いてもらえたりサポートを受けれました。私はツヴァイに登録してから毎月5人の男性を紹介して頂き、その中のほとんどの男性から積極的なアプローチをしてもらえたのです。

太っていて、根暗で、たいして可愛くないのに、市役所勤務の公務員男性、消防士さん、上場企業のエリートサラリーマンさん、陸上自衛官さん、一級建築士の方等、普段日常生活では中々出会うことがないような素敵な男性達からお見合いを申し込まれ、一週間に一回、一人ずつ喫茶店等でお見合いをして、男性と話したことがない私は緊張のあまりうつむいて下を向きっぱなしであまり話せなかったのですが、男性達からは「ウブで可愛いらしいですね。ガツガツ積極的な女性より、ずっと素敵だと思います。」と言ってもらえ、お見合いをした5人の男性全員から「〇〇さん(私)さえ良ければぜび結婚を前提に付き合って下さい」と言われたのです。本当に、本当に信じられなかったです。

ぽっちゃり女性でも、日常生活ではモテたことがない、漫画が趣味でたいして可愛くない根暗な私でも結婚相談所では大人気になれたのです!

私は漫画やアニメが好きな同じ趣味で話しやすかった爽やかで逞しい陸上自衛官さんとお付き合いをすることにしたのです。それが今の主人です。

こんな私でも結婚できたのです。ぽっちゃりでも絶対に結婚できます。太っているからと消極的になったり悲観せず、本気で結婚をしたい女性は一度結婚相談所に登録してみることをお勧めします。

ぽっちゃり女子がゲームアプリで知り合った男性と結婚した!

げーむ

40歳主婦愛媛県在住です。
自他共に認めるぽっちゃりです。
料理を作るのも食べるのも大好きです。
それ故に、良い出会いには中々巡り会えませんでした。

若い頃に職場の人の紹介で知り合った人と付き合った事がありました。
その人は、私を都合のいい女として見ていました。
自分の都合で呼び出し、私からの電話やメールはほとんど無視。
挙げ句の果てにはお金の無心までしてくる始末でした。

初めは数千円だったのが段々と金額が上がっていき、数万円単位で要求されるようになりました。

私も我慢の限界になり別れを切り出しました。
すると、逆上した彼は去り際に暴言を吐いたのです。
内容は私の容姿に関する事です。
私は何も言い返す事が出来ずに、ただただ泣きました。
しかも、後々わかった事ですがその人はなんと既婚者だったのです。
それがわかった時、私は本当に深く傷つきました。

そんな私が今の主人と出会ったキッカケはスマホのゲームアプリです。
ゲームの中でチャットしている内に仲良くなりました。

初めはゲームの話ばかりだったのが、段々と色んな話をするようになりました。
今日作ったコロッケがとても美味しかった事。
明日の朝はサンドイッチを作る事。
来週、家族で中華料理を食べに行くのが楽しみな事。
作るのも食べるのも大好きな私。
よく食べ物の話をしていました。
主人はいつもいいなぁ、僕も食べたいなぁと言っていました。

そして段々と自分の事を話すようになりました。
主人は私より5つ年上の33歳。
工場で働いているとの事でした。

ある日、私の家の近所に大きなショッピングモールが出来たので、その話を主人にしました。
すると、もしかしてそれって〇〇モール?と聞いてきたのです。
私は、そうだよ。何でわかったの?
と聞き返しました。

何と、私たちは隣同士の県に住んでいたのです。
車で2時間程度です。

私達はメールアドレスを交換しました。

直接メールをするようになって数週間が経った頃、主人が電話で話したいと言ってきました。
私はとても緊張しましたが、声を聞いてみたいと言う思いが強く、番号を教えました。

初めての電話は緊張しましたが、すぐに慣れて毎日のように電話で話しました。
主人と話していると嫌なことを全て忘れました。

電話でも相変わらず食べ物の話で盛り上がりました。
私は簡単に作れるレシピをメールしました。
そして後日、彼がその料理を作った写真を送ってきました。

とても楽しい日々でした。
ある日、
「良かったら今度の日曜、会わない?」
主人が電話で聞いてきました。
「で、でも」
私は返事に迷いました。
この頃の私は既に主人に恋していましたが、自分の容姿を考えるととても怖かったのです。
それに、前に付き合った人に最後に言われたひどい言葉が再び頭の中によみがえりました。

頭の中であの時の事が鮮明に浮かんできます。
何か言わないといけないと思えば思うほど、声が出ませんでした。
そのまま何も言う事ができずに、電話を切ってしまいました。

涙が止まりませんでした。
怖くて悲しくて。
何で私はこんなに太ってるんだろう。
こんなんだから、誰からも好きになってもらえない。
そんな事を思いながら泣いていました。

すると、主人からごめん、いきなりでビックリしたよね。と、メールが来ました。
何て優しい人なんだろう。
そう思いました。
このままではいけないと強く思いました。
こんなに優しい人に対して失礼だから。

私は意を決してありのままをメールしました。
自分の容姿の事、今までそのせいで辛い思いをしてきた事、男に騙された事、ひどい事を言われてとても悲しかった事。
だから、あなたに会うのはとても怖いと。
あなたに嫌われるのがとても怖いと。

すると、主人から帰ってきたメールにはこう書かれていました。

僕は君の中身が好きなんだ。
君がいつも話してる料理の話が僕は大好きなんだ。
君が話してるととても美味しそうに感じるんだ。
こんな女性と付き合えたらなって思っているんだよ。
大丈夫だよ。
容姿の事なんて気にしないで。

その言葉を目にした時、私は再び涙が溢れました。
今度は嬉し泣きです。
今までの辛くて悲しい涙ではありません。
幸せの涙です。
そしてすぐに電話をかけて失礼を謝りました。

日曜日、私達は会いました。

早起きしてお弁当を作りました。
コロッケ、サンドイッチ、卵焼き。
それとデザートにマドレーヌも焼きました。
服は少しでも細く見せるために黒のワンピースを選びました。

初めて見る主人はとても優しそうな感じの人でした。
身長は高くて痩せ方でした。

「僕の思った通りの人だ」
第一声、主人の言葉です。
「ほ、本当に?」
私は驚きと緊張で声が上擦りました。
「うん。僕はどうかな?」
「す、すごくかっこいい」

それから私達は付き合う事になりました。
主人はとても優しい人です。
こんないい人と巡り会えた事はとても幸せな事だと思います。

主人のおかげで心の傷も癒えました。
私は主人の為に沢山の料理を作りました。

初めての顔を合わせてから数ヶ月後、私たちは結婚しました。

今だから言えます。
ぽっちゃりで良かった。